PAGE TOP

出産を終えて、増えた体重とぶよぶよのお腹を

肥後すっぽんもろみ楽天123|激安!30日分が実質無料!

出産を終えて、増えた体重とぶよぶよのお腹を

出産を終えて、増えた体重とぶよぶよのお腹をもとに戻すために、減量と合わせて生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

100%母乳で子育てをしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ前の体型に戻ることができました。

基礎代謝は加齢するにつれ落ちていくようです。

実際に食べているものは、大して変えていないのに加齢といっしょに太りやすくなっている感じがします。痩せるために脂肪燃焼を促すサプリも多種ありますが、可能ならば、自然なものからできている漢方で代謝アップに努めたいです。

基礎代謝を良くする事はダイエットにも効果的です。普段あまり汗が出ない人は、体内に老廃物が溜まりやすいのです。老廃物が溜まっていくと基礎代謝が下がってしまうので、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を上げて、汗をかきやすくすることが大切です。

よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素の違いと言いますか、見分けられません。

よく言われるのは、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、判断するようです。しかし、発汗の状況は外気温などによっても変わりますよね。もっとはっきりとした基準があればダイエットがしやすくなると思います。

体重を落としていると自分自身に厳しいご飯制限をかけてしまう人もいますが、断食などの減量は、禁物です。というのも、食べ物を制限していても腹ペコになってしまったら無理せずにご飯をとるようにしましょう。その時は低いカロリーの物をたべるようにすれば体重が急に増えたりすることもありません。ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を知ることで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

長時間継続して体を動かすほど痩せるのではなく、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が行き届かないために、逆効果とも言えるのです。ダイエットにはいろんな方法がありますが、基本となるのは運動とご飯だと思います。

ご飯制限を行なうといっしょに運動を行なうとグッと効果的なので、何かしらのトレーニングを毎日行えばなおいいですね。スポーツクラブなどに通うというのも良いですし、それが無理な人はご自分でジョギングなどのトレーニングをできるだけ行なうようにしていきましょう。痩せようと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩いたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気もちがわきませんか。

そこでわたしが、一押ししたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、しっかりカロリーも消費されるのです。

ダイエットを行なうときにはまず基礎代謝量を計算して知っておくことが大事です。

基礎代謝とは、活動してない状況において消費されるエネルギーのことをいい、数値が大きいほど、太りづらい体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)だということができるでしょう。簡単に基礎代謝の計算ができるツールがインターネット上にありますので、一度確認してみるといいと推奨します。ダイエット期間中に、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に食べるメニューはずっと変わることなく寒天です。

寒天は様々な味付けができるので、全く飽きることなく食べられます。

特に、缶詰の蜜柑が入ったミルク寒天と、味なしの四角く切った寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが大好きです。

関連記事